2006年12月22日 (金)

総括(遠征)

遠征は難しい。

今年はウエイパへバラマンディーメインでいった。何回かバラには行っているので10月か11月がいいのは分かっていたのでその時期にあわせた。また、潮が低い時間帯が昼くらいになるほうが、狙いやすく、、またあまり潮がきついのも狙いにくいということ、またサラリーマンなので遠征期間中休みが3日(祝日含む)あるほうが休みやすいということで、日程をきめた。

実際、いい潮だとガイドやむこうの手配会社も言っていた。

しかし、釣果は期待していたものよりもひどかった。このころ他もぜんぜん釣れていなかったらしく自分たちだけということではないが、魚をガイドが見失っているとこちらはどうすることも出来ない。これが遠征の怖いところでもあり、何回も行く羽目になるということだと思う。違うブログでも同じ時期バラはほとんどウエイパで釣れていなかった。しかし少しずれただけでメーターオーバーも出ているのでほんとに運である。

結果は3日半(3人)でバラ50匹くらい、マックス70cm、他60匹くらいだろうか。サイズを問わなければまぁまぁといったところだろうが、80cmオーバーを狙っていたので結構落胆して3人して帰ってきた。

ただ、ウエイパの自然や人の少なさ、朝の鳥のさえずり、昼の太陽、夜の星の多さ、きれいな海、マングローブの緑、きれいな魚たち、は釣れる釣れない関係なく行ったものでしか、体験したものでしか分からない。1日がとても短く、気温が36℃を超えても熱くなくさわやかな1日を過ごすことができる。

家庭の事情で数年、遠征へはいけそうに無いが、数年後また訪れたいと思う。4泊6日で3日半釣りが出来る場所はそう多くない。日本では経験できないものがある。釣りの考えも変わる。ぜひ一度海外になんでもいいので釣りのみで遠征をオススメしたい。

ちなみにバラフィッシングは6ftと短く9gのものが投げられるライトなロッドでヒラより磯スズキより引く魚と対峙することである。そしてその場所は1m先はマングローブ、ストラクチャーがあり、魚は大きいときはゆうに10kgをこえラインは16lb。ドラグを出したら負けるし、出さなければラインが切れる。それをフットワークとロッドワークでかわす。さらにシーバス同様のエラ洗い。とても厄介な魚である。これが多分何回も行くことになって自分たちがはまっている原因である。ぜひ体験して欲しいものである。

| | コメント (0)

2006年12月18日 (月)

6DAYS  (10月9日)

朝、6時半に朝飯をモーテルで食べ、7時にガイドのガールフレンドがモーテルまで向かいにきてくれ、空港まで送ってくれた。飛行機は7時50分なのに7時半くらいに着けばいいらしい。さすが飛行機が小さいだけのことはある。

ウエイパの空港

Cimg0410

掘っ立て小屋である。

40人乗りのプロペラ機に乗り込み、ケアンズへ。

無事到着。国際線へ。ちょうど3時間前に国際線乗り場へ着いた。日本人、観光客がいっぱいである。久々に多くの人を見る。ましてジャパニーズを。。

自分たちはツアーではないので適当にチェックイン。

土産を買ってないので仕方なく空港で買った。町で買ったほうが安いが、今回の行程では不可能であった。でもほとんどの時間釣りに当てることができたので時間配分は完璧であった。

ケアンズからセントレアへ。いつもと違う空路を取っている。きっと乱気流があるのだろう。通常、まっすぐ北へ進み、パプアをかすめグアム沖へ。その後紀伊半島へ、そこからセントレアのはずだが、今回はいきなり北西へウエイパ方面から、パプアではなく、東ティモール方面へ、そしてフィリピンへ。そして沖縄方面からセントレアへ。

おかげで7時間が8時間以上かかってしまった。乱気流よりはいいけど。。

無事到着。

今回の釣行前にスティーブ・アーウィン(クロコダイルハンター)が亡くなられた。いつも彼の番組が飛行機で上映されていた。彼は環境問題などに取り組んでいた。オーストラリアが好きな自分にはなぜ日本と違って自然がオーストラリアに残っているのかという疑問の答えが、こういう人がいるからだと感じていた。非常に残念だ。アカエイに撮影中に刺されたということだ。ご冥福をお祈りしたい。

今回の釣りに関してははいろいろ考えさせられた。今度また書こうと思う。

| | コメント (0)

2006年12月14日 (木)

5DAYS (10月8日)

本日が、最終日となる。いつも通り7時半にモーテル前にて集合。

毎回違うガイドが来るので、また新しいのが来るのかと思っていたら、2日目の名前が聞き取れなかったガイドがきた。

簡単な挨拶を交わし、車へ。ここのガイド3人ともランクルに乗っていた(かなり古かったが)。マフラーは上から出るようになっている。これは、雨季には道が道でなくなるからだろう。オフロードフィッシングというものもあるみたいなのそういったことにも使うためだろう。

昨日と同じボートランプへ、しかしボートが走り出すと海の方向へ。毎日違うところへ行くらしい。もしかして毎日魚の反応が薄いので、エリアを変えているのか?釣れていれば同じところへ行くはずだ、普通。

河口から海へ。

1010161_img

すごく浅い。少し走ると河口が見えてきた。河口の幅は10mくらいか。川に入るとすこし広くなり20mくらいの川になった。

とりあえず最上流まで行くらしい。相変わらず同じパターンである。ボートがあればガイドが出来そうな気がしてきた。

最上流よりスタート。雰囲気的にはいい感じ。

1010160_img

上のようなポイントを次から次に撃っていく。あいかわらず、本日も厳しい。魚はでるが、バラはでない。本日は最終日とあって、バラ以外の魚は小さい場合写真を撮っている場合でない。フィンガーマーク、マングローブジャックなど数本上げたところで、ようやくバラ反応する倒木に。ここで全員で7本くらいでた。

1010159_img

いるところにはいるが、いないところには全くいない感じである。

午前中、仲間の65cmが一番大きく、他は55cmくらいであった。

鬼門の午後の部である。ここ数日明らかに午後のほうがつれていない。

心配したとおり、魚が反応しない。魚がつれないときは寝ている(スリーピング)と英語では言うらしい。納得である。ガイドが違う場所に行くと言い出した。自分たちも賛成して違う川へ行くことに。

ここから問題発生。潮が低くてエンジンが掛けられない場所が多く。1時間以上かかってしまった。動けないなら同じ川のほうが良かったが英語がうまく話せないため仕方なし。

違う川へ着いたときにはのこり1時間くらい。それも潮が高くなっていてやりにくい。しかしこの遠征ものこり1時間ということとなるので、みんなで気合でなげるも釣れたのは写真のマングローブジャックのみ。

1010163_img

オスプレイ社のルアーが見事クリンチフッキングであるがバラではなかった。

結局、この日はバラ3本、他の魚6本であった。

この日一番の問題は、モーテルに帰ってからである。明日7時には空港に行かなければならない。8時からしかレセプションが開かないので、その日の夕飯分も含めてお金を払うことと、鍵の返し方、などいろいろ英語で話さなければならない。

とりあえず、飯を食うことに、この日は日曜日であるためか、地元のオージーたちもいっぱいレストランに来ている。ガイドの2人もきてビールを飲んでいた。ということでガイドと記念撮影。

その後モーテルのオーナーや従業員との記念撮影や会話をし、一番楽しい夕食であった。あいかわらず英語が早いので、半分は聞き取れていないが、会話は成立するものである。

懸念していた、チェックアウトもなんとかできた。ほんとに帰りたくない。仕事があって食っていけて釣りが出来るのなら、引っ越したい気分である。それだけ、自然が多く、魚も魅力的である。

人が少ない田舎ではあるが、日本と違って若者が多い。日本はすぐ都会に出たがるが、オーストラリアでは仕事がある田舎であれば、都会に出る気はないらしい。いい国民性だと思う。

明日は、ケアンズへそして名古屋へ。

| | コメント (4)

2006年11月15日 (水)

4DAYS(10月7日)

4日目、本日もモーテルに7時半集合。今日はガイドも、もしかして違うのかと話していたら、また違うガイドが来た。本来同じガイドのほうがいいのだが、また違う。有名なアングラーでないからなめられているのか。。この日のガイドはデイブ、多分いままでの船にデイブの会社とあったのでボスだろう。おっさんだし。こいつもエレキ付けてないし。いいのかここのガイド達!!

遠征では同じガイドのほうがいい。ガイドによってキャスティングポイントまでの船の付け方が違うし、本来前日までの釣果を考えてポイントを選定するのが良いと思う。うーん、多分適当にあしらわれている気がする。。

といってもどうしようもないので、デイブに任せるしかない。車に乗るといつもと違う方向に車を走らせる。違うボートランプがあるらしい。

1010132_img_1

おいおい、こっちのほうがちゃんとしたボートランプじゃないか。もしかしてこっちがメインエリアか?

船を走らせるとやはり違う川に行った。昨日より、川がうねっていていい感じ。とりあえず最上流までいって船を流すらしい。ここのガイドはジアイ関係なしに上から流す。それでも釣れるからだろうが、もう少し考えてポイントを選定してもらいたいものである。

1010133_img

この写真のところから始まった。とりあえずさくっとバラが3匹、他魚も釣れ、いい感じ。優友人も合わせると1時間くらいで5匹のバラと他種魚が5匹くらいか。でもサイズは伸びない。

1010137_img_1

↑コッド

1010139_img_1

↑小バラとデイブ

少し経つとガイドがバラマンディCITYといって多くの倒木、立ち木のポイントを指している。きっといつも多くのバラが出るのだろう。心してキャスト。すぐヒット!!仲間もヒット!!結局3人で8匹くらい出ただろうか。さすがCITYといったところか。でももう少し粘って欲しかったなぁ~。もっと出せた気がする。ここでも50から60cmとあまり大きくない。

1010147_img

次に渓流ののような川のロックエリアへ、今まで他の川では見たことないような感じの場所だ。間違いなく魚はいるだろう。ここで、今までない当たりとロッドの絞込みにあう。ガイドがリフト!リフト!と叫ぶ。根にもぐられないようにすぐリフト。跳ねない。ジャックかコッドか?でも今までない引きだ。上がってきたのは今まで見た事もないサイズのコッド。外洋サイズだ。60cmくらいである。友人がしきりに気持ち悪い魚と言っている。実際すこし気味が悪い。根にもぐろうとする力はバラ以上だろう。

1010141_img

このロックエリアで3人で数匹の魚を取った。バラは出なかった。なかなかマングローブ際では食ってこず。またロックエリアへ。先ほどのこともあるので皆気合がはいる。ここでもバラでない魚がかかる。いい引きを見せたのはマングローブジャック。49cm。これもこのエリアではいいサイズになると思う。ホントはバラのいいサイズが欲しいのだが。。。

1010149_img

この魚はガイドがディナーにくれと言ったのであげる事に。フエダイ系なのでうまいに決まっている。ましてや、養殖のまずい魚とは違う。英語がうまく話せれば、モーテルのレストランで食べたいくらいだ。

この川は底がロックになっているので、ここをよく狙う。違うロックエリアでヒットしたのはクィーンフィッシュ。シイラと同じように少し薄い青物系の魚であるが断然カッコいい。もっと大きいのが多いが、川であるので小さい。外洋で専門で狙えば、メーターオーバーも簡単につれ、よく引く魚である。

1010151_img

ここで昼飯に。今回は今まで(ケアンズやヒンチンブルックなど)と同じ昼食だ。それはサンドウィッチ。いろんなものを持ってきてくれ自分でパンにはさんで食べる。これがかなり旨い。きっと肉やハム、ピクルスなど日本より旨いからだろう。やっぱこの国で生きていける。

その後、昼の釣行へ。一箇所、バラが3人で5匹くらい釣れる場所があったものの。潮が高くなり全く釣れず。2時間経過。その後違うクリークにはいるも。1mくらいのサーモンを友人がバラすのみであった。サーモンと呼ばれているのはヒゲのはえたスレッドフィンサーモンという特有種。旨いらしい。是非釣って欲しかった。

そのご1時間たち釣行終了。相変わらずきっかり終わるガイドたちだ。サービスしてくれよ。潮の高いとき考えて動いてくれよと言いたくなる。

結局自分がバラ6匹、他魚10匹以上であった。3人でバラ20匹くらい、他魚20匹くらいか。

バラはデカイのが釣れなかったが、コッドとジャックは自己記録更新したので良かったかも知れない。また昨日までよりは良かったかも。

モーテルに帰って、またメンテ。その後レストランへ。この日はチキンを食べた。これまた旨い。何日もいるので従業員が早口なイングリッシュで話しかけてくる。またワーホリの韓国ネイちゃんまでも英語で話しかけてくるが半分以上分からず何回も聞きなおし会話する。たとえ話せなくても、結構たのしい。これもまた海外のいいところだ。明日は釣り最終日!大きいのを取るのを夢に就寝した。

| | コメント (2)

2006年10月24日 (火)

3DAYS (10月6日)

3日目、朝7時30分にモーテルの前に待ち合わせ。朝ごはんはモーテルのアメリカンブレックファースト。6時半よりやっているのだが、6時半に行ったところほとんど物がでていない。さすが海外。でものんきにできないので、パンとヨーグルトを食べ待ち合わせへ。

待っているとボートを積んだランクルが来た。昨日と違う車なのでおかしいと思っているとガイドが近づいてきた。毎日ガイドが違うらしい。2日目のガイドはマーカス?だ。はっきり言うと聞き取れなかった。誰だろう?名前は関係なのでまーいっかということでマリーナへ。昨日と同じところから下ろすらしい。

でも昨日と反対方向に走り出した。まだいろいろな川があるらしい。ケアンズ周辺は地図等あるが、ウエイパはネットで探してもポイントが探せなかったのでどれだけ川があるのかも分からない。昨日あまりよくなかったので期待したい。

1時間以上走ってようやく川の上流に到着。走ってきた感じでは川に支流が無く微妙そうだがつれるのか??

1010124_img

倒木の度にルアーを打っていくがなかなかでない。ここが夢にまでみたウエイパか??ぜんぜん魚がいない。

それもこのガイドの船にはエレキがついていない。いままでバラの船でエレキなしは初めてだ。おかげで風が強くなると流しは早いは、エンジンかけるとうるさいのでキャストポイントが遠いは、いいのかこのガイド。細かい英語が話せないし、初めてくるところなのでガイドを信じるしかないのでやりにくいが仕方なし。

1時間後くらいにようやく1匹。

1010121_img

昨日よりは大きいがでも小さいぞ。仲間も2匹釣った。

違う倒木で1匹釣り。自分が午前中は2匹のバラとほかバラクーダだけである。全員(3人)でもバラ4匹と他2匹だけである。

一番いらない魚、バラクーダ↓

1010125_img_1

いつもなら他の魚がバラより多く釣れるが全く釣れない。魚がいないか、ガイドがジアイをはずしているとしか思えない。

とりあえず昼飯だ。だいたいいつもサンドイッチだが今回はマフィンとサラダとビーフだ。相変わらず量が多い。

食べ終わるとかなり下流へ。ロックエリアだ。来たとき他のボートがやっていたので後回しになったのだろう。

1010126_img

このエリア少し石があるだけであるが、こういうところが少ないらしく次か次に魚が反応してくる。バラは1匹だったが、コッド、バラクーダなど。結構釣れだすののんきに写真を取れない。魚は多かったがサイズが小さかったので写真を撮らず。ここで全員で8匹くらい魚が出たのではないか。日本なら魚はいないような小場所がここでは大場所となる。

ガイドのマーカス??↓↓

1010127_img

とりあえずその場所が終わり30分走り違う場所へ。ここは一切反応なし。

3時をすぎマリーナへ向かいだした。もしかして終わりか?と思いきや1つのクリークへ。

ここでちびバラの館に出会う。倒木から30cmくらいのバラが何匹もつれてくる。自分はもっとちびバラを取ろうとルアーを換えることに。そのときガイドがビックバラと叫んだのが聞こえた。仲間がでっかいバラと格闘していた。何回かえら洗いを繰り返しドラ具を出す姿はあきらかに70cmクラスだ。ただシーバスとちがい体高がヒラスズキのさらに2倍もありそうな魚だ。何とかランディング。←人の魚の写真はありません。

ルアーを交換してる場合ではなかった。でもまー魚がいることが分かったので自分としても気分のいい魚だった。ここで投げるもまたちびバラを釣りこのエリアは終了。結局みんな3匹ずつくらいちびバラを釣った。

他2箇所攻めるも魚でず。マリーナへ船を進めるようだ。

帰りは風が強く明らかに波が1mきらい出てきた。こんな船でこの波はきついだろう。。帰りは行きよりも時間がかかりマリーナへ。ここのガイドは帰りが早いぞ。4時50分終了。ヒンブルックのガイドは朝7時から6時までやってくれたのに。。ほかのガイドはケチクサイなぁと仲間と日本語で話していた。

ガイドと船↓

1010128_img

ということでモーテルに5時過ぎには着いた。昨日と同じようにビールを飲みながらメンテをしてから夕飯へ。

このモーテルのレストランの名前はBARRA'S BAR そうバラマンディーの絵が描いてある。昨日はTボーンの400gを食べたので今日はバラマンディーをいただくことに。これもうまかった。いつも思うがオーストラリアは飯がうまい。完全に暮らしていけるし、引っ越したい。

結局バラ5匹、他2匹というこれまたひどい釣果で2日目終了。自分がでかいのを釣ることができるのだろうか?でも自然の中で釣りにいつも満足しているのでまー楽しもうと思った2日目だった。

| | コメント (0)

2006年10月16日 (月)

2DAYS (10月5日)

  2日目。無事、ケアンズ空港に現地時間朝4時過ぎに到着。オーストラリアは食べ物等持込が多く禁止されている。これは、オーストラリア独自の自然(動物、植物)を守るためである。ロッドやゴルフクラブ等は土などがついていないかチェックされる場合が多い。特に税関を通るとき女性の税関員だとよく止められる。親父だとすぐ通してくれる。女性は張り切って仕事しすぎである。親父は釣りというとうれしそうにバラマンディーかと聞き、グットラック!!といってくれる。

今回は女性の係り員に引っかかり、荷物すべて開けられ最悪だった。今思えばここからいつもと違うやな感じがあったのかもしれない。

空港の出口にてバラマン爺に迎えに来てもらい。ケアンズへ。ウエイパの飛行機の時間まで5時間あるので暇つぶしへ街へという具合である。

朝飯を食いに、6時半よりマックへ。ホントはオープンカフェで食べたいのだが一人15ドルくらいするので日本より高いので食べられない。というわけで朝マックである。相変わらずつたない英語で注文。ケアンズでマックとカフェが一番日本語が通用しない。リッチな飯屋は日本語OKである。

その後、海そばのラグーン(公園)へ散歩。プールがあるのだが、朝からいつもオーストラリア人は泳いでいる。気温23度である。日本人には理解できない。寒すぎる。

公園ではヨガやジョギングをしている人が多く、いい景色である。日本もこのくらいゆとりを持って生きて生きたい。

ラグーンプールとそこから見たケアンズ↓↓

1010108_img 1010109_img_1

10時にケアンズの国内線の空港へ。

日本人が一人もいな~い!!それも飛行機を見ると小さ~い!!今までプロペラ機は乗ったことがない。ドイツでもマレーシアでも50人乗りでもジェットだった。今回は40人乗りプロペラ機である。大丈夫なのか?

1010113_img

とりあえず飛び立つ。速度が遅くても簡単に離陸できるらしい。そして飛行速度が遅い。ゆっくり景色を堪能しながら飛行。海や大地がはっきり見える。これはこれでいいかも。

オーストラリアの大地、川↓↓

1010114_img

1010115_img

ここでも無事ウエイパへ到着。空港は小屋だった。ガイドのジョシュが迎えにきてくれているいうことだ。それらしき人物を発見。ジョシュだ。かなり若い20歳くらいか?こいつで大丈夫かという不安がみんなの中で過ぎるが、つりの腕は年齢ではないのでとりあえず信用することに。

ひとまずホテルへ荷物を預け、2時よりスタートフィッシング。船は結構でかいので、3人でも十分。なれれば4人でもキャストできそうである。その代わり小回りが効きそうも無くマングローブ林をいくバラ釣りでは不安も有る。

何箇所か倒木がらみのポイントを打っていきようやくバラを釣る。仲間も1匹釣った。こんなに小さいとは。。大丈夫かウエイパ。ケアンズより小さいでないか?他の魚も数匹釣り5時半ストップフィッシング。

1010117_img

結局、3時間でバラ2匹、他2匹と今までのなかでもあまり良くないスタートとなった。

帰って町唯一のスーパーと酒屋へ。オーストラリアはスーパーは酒を置いていない。酒屋に行かなければならない。←覚えておくと良い。

ビールを飲みながら恒例のリールとルアーのメンテ(水洗い等)をし夕食へ。この町では日本語一切通用しない。英語もなまりがあり聞き取りにくい。何とか注文。いろいろなものを注文しろと言ってくるがメインだけで30ドルもするので前菜は頼まないことに。それでもステーキが400gもある。食えるわけが無いが農家の子全部食べることを子供の頃から指導されているので何とか食べきる。オージービーフは日本で食べるものより現地の肉のほうがおいしいです。ビールも4本あけ就寝。

明日から、起きて釣りして、ビール飲んで寝るという最高な3日間が待っている。

10月6日はまた書きます。

| | コメント (0)

2006年10月13日 (金)

1DAYS (10月4日)

1010106_img_1

1日目。とりあえず10月4日はセントレアからケアンズに向けて飛行機に乗るだけである。いつも思うが、何で金属が飛ぶのだろうと思うので、飛行機は何回乗っても嫌いである。

つりの遠征では3回目、職員旅行や家族旅行でのつりも含めれば6回目のオーストラリア、バラマンディー遠征である。

今まで何十匹のバラ、他の魚を入れれば百以上の魚を釣ってきた。しかし、今まではケアンズ近郊やヒンチンブッルクなどでありケアンズからまた飛行機に乗ったことは無かった。

今回は10月5日の朝ケアンズについてそこからウエイパへまた飛行機で行くという楽しみな遠征である。

4日当日、2時まで仕事。なにせ5連休を取るのだから、仕方が無い。そして家に帰り、風呂に入り3時半に仲間の家へ。即セントレアに向けて出発。1時間強でセントレアの民間駐車上へ。小牧と違い民間に止めてもあまりお徳感がないが一人1000円安くすむので民間にきめた。

チェックインが5時くらいからなのでちょう良い。早くチェックインしたい理由が有る。それは場所取りだ。何も言わなければ、勝手に席は決められてしまうが、実は席は選ぶことができる。横になって寝たいので、まず搭乗率の確認(空席の確認)。次空席をどこに作るのか確認。

今回は空席50席で、後ろ7列が完全に空くということをカウンターのかわいいおねえちゃんに確認(仲間は胸がでかいと喜んでいた。←別にさわさせてくれないのに)。ということで一番後ろに陣取ることに。そして機内にいったら服で1列確保。

ということで、横になって今回は寝られました。1人旅行の場合、エコノミーチケットでもお願いするとビジネスにしてくれたこともあります。みなさん飛行機に素直に乗るのはやめましょう。

今回は台風の影響で気流が悪く、揺れっぱなし。JALだときっとシートベルトサインが付きっぱなしだっただろうけど、さすが外国機サインは出ず。でもいままでで一番揺れ続けていたかも。

5日からは又別で書きます。

今回持参したタックル紹介

バラ用

ロッド ゼニス BARRA 59  リール ダイワ アルファス

    オリジナルBARRA 56  リール アブ モラム3601SW

オフショア用

ロッド カーペンター ブラックカレント66HP  リール ダイワ フォース3500

の3本です。

1010153_img_1

1010154_img

| | コメント (0)

2006年10月 9日 (月)

無事帰国

本日、無事帰国しました。

今回の釣行は、少し不満の残る釣行となってしまいました。書ける範囲で不満な点を素直に書いていこうか悩んでいるところなので、釣行記は後日にしたいと思います。

しかしながら、自然に感謝!自然に乾杯!イエスネイチャースポーツ!(ダイワ風)といった具合に癒される釣行だった思う。

50人乗りプロペラ機から見たウエイパの川、マングローブ林(人工物ない土地)

Photo_5

ウエイパの地図(いっぱいポイントが。。)

Photo_6

クロコダイル危険!!!(ソルトクロコダイルなので海にいるし、世界最強のワニ)

Photo_7

海 (今回はバラマンディーが不発で海で狙う釣りに行けなかった)

Photo_8

マングローブジャック (こいつはでかかった現地のマックスサイズらしい)

Photo_9

| | コメント (2)

その他のカテゴリー

タックル | ルアー | | 趣味 | 遠征 | 釣想事 | 釣行 | 雑思 | 音楽