2007年4月15日 (日)

やっと

やっと今週末をもって落ち着くことができる。結局異動もあり、通常6時に家にいる人間が9時過ぎの帰宅そして合計10回の歓送迎会等の飲み会が今度の火曜ですべて終わる。

おかげでここ2週間くらい釣りにもいけていない。こんなことは数年ぶりである。魚の居場所が分からなくなっているので何とか早く回復したい。

| | コメント (4)

2006年10月29日 (日)

紅葉

家族サービスに長野は蓼科に出かけてきた。

蓼科、車山高原、八島湿原、和田峠、長門牧場、白樺高原等を散策したが、周辺のおおよそ1200mから1500mの標高では紅葉の真っ最中であった。この紅葉が磯周辺まで降りてきたときが、いつも磯のベストシーズンである。あと1000m、一ヶ月くらいであろうか?

テーマパークの旅行より、自然があるほうがまだ釣りができなくても発狂しそうでない。やはり釣り人は自然が好きななのかと改めて思った。

泊まったところは、テラス蓼科。行ってみてびっくり。すごいところだった。建物探訪にでてきそうなデザイナーハウスだ。すべて計算し尽くされている建物だった。きっと有名なひとがデザインしたのだろうか??

Room_wm_photo

ここはメンバーズな宿だが、メンバーの会社も多いのでいける人はお勧めできます。

仲間は磯で釣れたのだろうか??明日聞いてみよう。

| | コメント (0)

2006年9月25日 (月)

TD

TD、ダイワのミノー、でもバイブでもない。

略が違うが、日,月でディズニーランドへ行っってきた。オーストラリア遠征をするための家族サービスである。

十数万人の市に住んでいると、東京は住める場所ではない。駅を歩くだけで、疲れてくる。

東京で疑問に思ったのが、エスカレーターで左によること、どんなに込んで乗るのに渋滞が起きていてもみんな左による。名古屋ではそこまでしないと思う。

すごい並んでエスカレーターに乗って抜かすくらいなら、きれいに2人ならんで乗ったほうが早い気がする。特に上りはだれも抜かしていかない。大体何をそんなに急ぐことがあるのか?急ぐのはナブラが出ている時だけである。スローに生きているつもりは無いが東京に比べると自分の生活が十分スローライフなのが分かった。

あとびっくりしたのが釣竿とクーラーをもった釣り人が電車に多く乗っていた。それもびっくりである。電車で釣りに行くことが通常想像もつかないことだ。

大都市、東京は釣り人には用がないところだった。また2歳の子ずれのため結構電車で席を譲っていただいた。ありがたい話だが、すべて留学中?の韓国と中国の人だった。自分は別にアジアびいきではないが、日本と違いそういう教育ができているのかと関心してしまった。

また、ディズニーではどうかと思う光景が広がっていた。子供に悪影響である。ポップコーンを大量に落としても片付けず放置する親を3組みた。ディズニーでは、すぐに掃除してくれる人がいるが、それはきれいに保つためで大量に落としたポップコーンを拾うための人ではないと思うのだが。。。もしそれが普通のことで片付ける必要がないのなら、ディズニーの考えは間違っていると思う。子供は片付けなくていいと思うに決まっている。親なら片付けるべきである。また、子供が花壇のなかに入っても怒らず、かわいいねといってビデオを撮っている。あきれて物がいえない。一部の親だとは思うが、こういうことでこどものマナーが落ち、いろんな事件が起きていくのだろう。すべては子供ではなく親の責任である。

自分もこういったことを肝に銘じ親の責任を果たして行きたい。

つりと関係ないが、地元では考えられないことがおおくあったので記載しました。

| | コメント (0)

2006年7月20日 (木)

シイラ

夏になると黄色い魚がやってくるシイラである。Siira 

幸い愛知からは近くに、新居(静岡)、石境、安乗、大王崎(三重)等、シイラ船が多くある。

8月の始めの休日に仲間で1艘仕立てた。それまでに梅雨は明けるのだろうか?

はっきりいってシイラは自分たちにとってはお祭りである。オカッパリアングラーである自分たちには別に大きいシイラを目標にしているわけではない。ただサイトの釣りで引きが強いのし、シーバスと違い明るい昼間にトップで釣れるので楽しい。しかし楽しいが、シーバスと違って繊細ではないのし、簡単につれるしバレないところがお祭りだと思う。ほんとバーブレスでもバレないんだよね。シーバスもこれくらいバレなければ大きいのが簡単に取れるんだけどなぁ。

現在、災害がでる大雨であるので、海はきっと水潮だろう。水潮ではかなり厳しい釣果になるだろう。ベイト、シイラともに沈むからだと思う。いい加減雨がやんで梅雨があけて欲しいものである。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年7月12日 (水)

名港の魚についての考察

名港、基本的には知多堤から富浜緑地周辺までを言うのだと思う。現在、自分や仲間はメインエリアから外している。

それは過去数年間で仲間とあわせて1000匹以上の魚を取った思うがサイズが伸びない点につきる。70UPはわずか2匹であった。他は65cm以下であった。70UPの比率は1%にも満たない。特に1日10本くらい取ろうとすると絶対に70UPには会えない。そういったことが他の地域より顕著である気がする。他のエリアは小さいのと大きいのがまだ名港よりは混ざる。大きい魚は行動が違うで仕方が無いのだが。。

実際、名港を主戦場とする諸先輩も雑誌でも同じことを言っていた。

名港で簡単に狙って70UP取れるという人もいるとは思います。どういう釣り方をするかもだいたい分かる気がします。自分たちの釣り方は潮位、流れ、魚に合わせて2キロ3キロ釣り歩いてしまうので一番大きな群れ(40から60CM)に行動をあわせていることので大きい魚が釣れない。でかいのは違う行動をしている。でも名港でそれを狙うより他で大きいのを狙ったほうが率がいいので、現在は違うエリアで模索中だ。

参考までに自分の経験上、トリトンでいうと赤、白、青のうち、赤に流れている3つの川が一番平均が大きい気がします。青に流れる有名河川がサイズはともかく一番魚のストックが多い気がする。細かいことも書けなくはないが、他の人のポイントを邪魔をする可能性もあるのでこの辺にしておきたい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年6月15日 (木)

雨、雨、雨

待望の雨である。11月から12月の秋のシーズンの雨と違いシーバスちゃんにとって最高の雨となるだろう。ただ、あまり降りすぎると天災が起きてしまうので、人として喜べなくなるのでほどほどに降って欲しい。これにより淡水が入り、濁り、水温が下がり、シーバスちゃんとベイトちゃんがより夏のエリアにどっと押し寄せてくるとだろう。明日にはそれを確認しに釣りに行きたいと思う。

数年前、東海豪雨があった。かなりの被害が出た雨だったので釣りに行くのを自分は控えたがそのとき名港は80UPのオンパレードだった。やはりそのくらい雨は重要である。でもさすがにあれほど降ると自分は釣りに行っていいのか迷う。。。

仕事には雨はつらいが明日も降って欲しいものであるそして自分がつりを始める前にやんで欲しいと思う。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006年6月13日 (火)

新規ポイント探しの旅

昨日の昼、干潮時に新規ポイントの地形を見に行った。1時間掛けてその周辺(周囲2キロ程度)を確認した。今は春なので昼の潮がよく引く。夜の干潮ではわからないものが見えてくる。そこである程度下げのポイントか、上げのポイントかを想像し2回から3回実釣し、今の季節のにいいのか、いつでもだめなのかなどなど想像しポイントを絞っている。

今日見たところは、昨日釣った場所から下流域で潮の高いときに反応しそうな場所と上げで反応しそうな場所を探しに行った。1,2箇所気になるところを見つけたので、何日か掛けて探っていきたい。

自分の中では有名なところはあまり好きでない。有名ポイントは場荒れしすぎだし、人が多く自分の攻め方ができないので嫌いである。新規に探したところで釣れる魚は、闇雲に投げて釣れる魚より意味があり、感動するものである。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

その他のカテゴリー

タックル | ルアー | | 趣味 | 遠征 | 釣想事 | 釣行 | 雑思 | 音楽