2007年5月 6日 (日)

伊豆

GWあまりにもホームで魚が釣れないので,GW最終日伊豆へ。予報では2mのち4mうねりあり。4mウネリありは結構きつい。先端は危ないので入れる場所は限られる。朝は先端周り、波が高くなってからは、ワンドの奥でサラシが出ていて、さらに小さい川が磯に直接流れている場所へ入ろうと前日まで考えていた。当日大幅に予定が狂うとは思わなかった。

5日の夕刻、友人とともに伊豆へ向け出発。予定通り沼津まで高速渋滞なし。ただいつもより車が少し多く20分遅れ、下田の就寝場所まで4時間15分、300k。やはり最終日には渋滞しないので穴だ。

いつもの場所はGW泊まりこみのサーファーや釣り人の車が多くいた。

翌朝、5時起床日の出前に起きたかったが、雨の予報で一日中暗い日なのでゆっくり起床。

とりあえず最初の磯へ。予報では波向き東南くらいと予想されていたが、どう見ても南から入っていそうである。さらに波はかなり低いがウネリがあるのでサラシがいい感じに出ていた。

1020220_img

南向きの磯。

とりあえず二人でありとあらゆる手を尽くすも当たりなし。ただ波っ子もおりいい感じ。磯に魚が入っていない感じを受けた。

1020221_img

最初の磯への磯道。伊豆は車からまともにいける磯はない。この磯も車から15分下って、20分かけて帰ってきた。高低さ30m以上の山を必ず降りていく。ヒラへの道は、体力が必要だ。ということで釣りは間違いなくレッキとしたスポーツだ。

伊豆の磯はこんな磯道が無数に存在する。誰が作ったのか、ロープや縄梯子いろんな手段を使って磯へ下りることができる。先代の方に感謝である。

ということで次の磯へ。南西向きの磯にサラシがあるかどうか確認しにいくとそれなりにあるので、20分かけて次はゴロタ場歩き。山道よりこっちのほうが辛い。

1020222_img

この頃より雨がかなり強くなり出した。予定では雨脚とともに風も強くなり波が上がると思っていたが、波は変わらずか少し落ちてきた。ここでも数箇所魚が出る場所を結構時間をかけて攻めるも魚おらず。

さらに雨脚が強くなってきた。普通の人から見たらただの馬鹿である。雨の中、磯を伝いつりをする気持ちは分かるまい。

3個目の場所へ。ここは干潮のエリア。ということで11時半くらいより3個めの磯へ。下げ潮の影響もあるが大分波が落ちてきた。もともとウネリのみのサラシがうねりも小さくなってきている。ヒラが出るぎりぎりのサラシである。う~ん出ない。

魚が磯についていないのだろうか?3つとも南伊豆エリアであったので、予報では東海岸に波が当たるはずなので大きく北上しようしたが、白浜、見高を過ぎると波が全く無い。ということでやはり南向きの先端しかサラシがないと判断。Uターンして石廊崎方面へ向かうことに。1時間タイムロス!!

伊豆半島の最南端へいってもウネリ、サラシ、波なし。予報はどうした!!

雨が強すぎて波が収まるのも分かるが、予報よりかなり波が無い。2時を過ぎ波が無いので、磯へ直接流れ込みがある場所を目指し西伊豆へ向かうもあまり濁っておらずあきらめムードへ。

結局釣れず、渋滞ほぼなし5時間で帰宅。

波は予報どおり行かないのは分かっていたが、あまりにも違いびっくりした。低気圧が思ったより発達しなかったか、遠かったのか、それとも通過が遅かったのか、原因は確認していないので分からないがやはり波の状況は現場へ行って見ないと分からない。

最終的に720k走行した。日本海より遠いなぁ。魚も遠いなぁ。

| | コメント (48)

2007年5月 2日 (水)

どこだぁ

忙しくて、なかなか書けなかった。

先週と先々週ともにエリアBに釣行。仲間と分かれてエリアBに魚が入ってきているかの調査だった。

結果は1匹。サイズはまぁまぁ。

出ればそれなりのサイズになるのだが、いかんせん魚がまだまだ少ない。相変わらずこのエリアはスタートが遅い。ままかりにシーバスの群れがいつも着いている。いつもままかりが河口で釣れだすのが4月から5月なのでさらに奥の場所にてやっているのでやはり数の取れるのはまだまだ先だ。

しかし、昨年もこの魚が少ない時にランカーをかけているのでそいつをなんとか狙いたいがどのタイミングでどこに現れるかを自分は理解していないので今年はそれを理解できるようにしたい。

明日からまたお休み(仕事)に入るので、どこかに遠征に行けたらと思う。

| | コメント (2)

2007年4月21日 (土)

復活

やっとこさ、仕事(飲み会)も落ち着いてきたので、金曜夜から釣行。金曜日に飲み会がないのは何週間ぶりだろうか?仕事関係の飲み会は潮の悪い日に設定して欲しいものだ。

ホームエリアBへ。そろそろ居つきのシーバスが釣れる頃である。しかし、個体数はかなり少ないので釣れない時が多いが、釣れればそれなりのサイズである。エリアBは愛知県のなかでも魚が入るのが遅いエリアである。5月中旬くらいからようやく小さいサイズも釣れだすがそれまでは、居着きや早く入っている数少ない大きい個体を狙っている。

ということでB-2へ釣行。この時期見えるベイトでエリアを判断すると釣れないので、流れや潮位などいろんなことを考え回ってくる予想される場所にて3時間。

モッゾと何回かバイトがあるので、ルアーを換えるとヒット!泳ぎが違う!この泳ぎはなまず君。その後キャストを繰り返すもなにもなし。

結局なまず1匹のみ。やっぱ難しいなぁ。

| | コメント (2)

2007年4月 2日 (月)

初登場

初登場。エリアCへ。

エリアBよりさらに釣り人がいないエリア。大きい川、小さい川、干潟があるエリア。自分では始めての場所なのでとりあえず、干潮で小さい川の周辺を状況確認しにいくことに。

それにしても、最近土日の夜に雨が降りすぎである。他の曜日に降らないのにここ数週にわたって週末に降っている。仲間が一昨年毎週1匹釣っていたので来て見た。そのとき聞いたのは一日1から2匹しか釣れない。しかしサイズは60以下は釣れないと言っていた。

結果としては釣れなかったが、言っていることは分かった気がする。ホームが開幕すまで攻めてみようと思うが潮が悪いときは釣れそうにない。川の力が無い場所で潮の満ち引きの流れしかなさそうだった。

来週末こそ天気を期待したい。でも歓送迎会で釣りに行けるのか?

| | コメント (0)

2007年3月24日 (土)

3年ぶり

3年ぶりのエリアへ。特にどこへ行こうと決めていたわけではないが、A-1以外のところに行こうと家を出た。何気に着いたのがA-8であった。ここは潮が100まではシャローで、その高さを切るとそのシャローいるベイトが落ちてくるのを待っている魚がブレイクいるという場所。シャローでも釣れるが方はブレイクで待っている魚の方が大きいと記憶している。

着いたときにはまだまだシャローには水があり、ベイトも結構いた。多分そのシャローが干上がるまでは時間がないので(干潮までやる体力がないので)、シャローを隈なくいろんなルアーで攻めることに、1時間いろいろ試したが釣れず、時折捕食音も聞こえるので魚はいるようだが小さそうなので、違う場所へ移動することに。

A-10川へ。入りたいところは人がいたので仕方なく、少し下流のべつのポイントへ。入った場所は回遊待ちポイント。上げであれば、流れが2ついいときは3つ当たるのだが、下げでは1つなので釣れる可能性は低い。とりあえず1時間半投げ続けるも当たりなし。

最近魚見てないなぁ。はやくホーム開幕しないかなぁ。ぼやきしか出てこない。

明日は雨。この時期の雨は気合を入れないと釣行できないのできっと行かないだろう。狙いは明後日濁りの入った川である。

| | コメント (4)

2007年3月14日 (水)

寒い

寒かった。すべてにおいて寒かった。

北西のかぜ、微妙な上げ、まだ魚は海の水にいるだろうという勝手な予想のもと、可能性が一番高いのは自分知ってる場所ではA-10川の河口だろうと思い10時前に車を走らせはじめ5分後、ガソリンが全くないことに気づく。

近場の釣行時には、携帯、免許証、と小銭しかもって行かない←おやじ狩りに会うといけないのでという理由(嘘)、いろいろなカード類を落とすとすごくめんどくさそうという理由から。釣り用財布をみるとなんと300円しか入ってない。ガソリン入れるのにさずがに500円でもカッコ悪いのに300円は厳しい、自分のくだらないプライドとの戦いの結果、ガソリンを入れるのはやめにした。往復70K以上あるA-10川ではかなりガス欠の疑いがあるので、近くのホームのBエリアへ。4月中旬までいままで一度も釣ったことの無いこのエリア。行くのも無駄のような気もするが、釣りにいくと決めたい以上、ロッドを振らないと気がすまないのでだめもとで行くことに。

エリアBの中でも海エリアのB-11へ。ここはウエーディングせずにブレイクに届く数少ない場所である。流れがよれている場所でしかいつも食わないエリアBなので潮が動かない今日はかなりきつい。

キャストを続けるも釣れそうな第6感も働かず、それも寒すぎます。寒さで胃が痛くなったので納竿へ。ダウンの下Tシャツ1枚はやっぱり寒かった。これからはもう少し厚着をしよう。

| | コメント (0)

2007年3月10日 (土)

厳しい

金曜日夜10時半より釣行。A-1川へ。

着いて見ると、いつもと流がすこし違う。まぁいつも同じ流れかたをする訳ないし、潮も悪いからだと思うが、流が岸にあたらずまっすぐ海に向かって流れている。これではなかなか岸よりにシーバスがよらないかも知れない。

場所を変えようかとも思ったが、潮も悪いので湾岸より河口のほうがまだ可能性があると考え、ここでやることに。いつもなら右往左往しながら狙っていくのだが、流れがいつもと違うので、ブレイクからシャローを斜めに狙える場所で粘ることに。

2時間、それなりに潮も下がりそれなりにブレイクに下げの流れがあたるだ結局釣れず。そして一度も本流が岸によることも無く終了。

もう少し魚がはいればこういうときでも釣れると思うが、まだまだ魚が少ないのであろう。

| | コメント (7)

2007年3月 8日 (木)

調教

奥様の新車(軽)のエンジンをそろそろ回さないといけない時期なので、それを言い訳にAー1川へ。名四を通るのでエンジンを回転させることができるのだ。小さい車になればなるほど、調教しておかないとあとから全く走らなくなるので女には任しておけない。とりあえず爆走して現場へ。

着くと10時半、明日の仕事を考えると0時納竿予定。でも今日の目標はエンジンを回すことなので目標達成!!とりあえず流れの良さげなところで数分後ヒット!結構沖で食った。57cm。まぁというサイズなので即リリース。この調子なら5匹はかたいと呼んで写真は取らず。数投でまたヒット!すぐばれる。

その後アタリが無くなりだした。流れを求めて右往左往しながら0時なってしまった。

調子こいた自分に反省。簡単に釣れると思わないようにしよう。

帰りもエンジン回すため爆走。しばらく調教のためこの車で釣りに行こう!

| | コメント (0)

2007年3月 5日 (月)

RINさんと

朝、清掃活動の前にマルハンにてRINさんと待ち合わせ。

昨日確認したエリアへ。上げ1時間半の間に魚が回ってくるかどうかの勝負である。ベイトはかなり小さいものは群れているがそれを食っているかも不明だし、こんな小さいベイトについていても食わせることもできなそうな状況であった。

一回魚が乗りかかったが多分かなり小さいサイズだろう。とりあえず2人して坊主であった。

自分の場所選択を誤ったことが原因だろう。昨日から本格的に今シーズンを始めたばかりなので正直場所選択にかなりの迷いがあった。そのうち感も戻るだろう。たぶん。

RINさん、今度は連れるところへ行きましょう。

| | コメント (2)

2007年3月 3日 (土)

プレ

プレ釣行。別に大会に出るわけではない。日曜の朝、RINさんに誘われて清掃行事に参加するのだが、その前にRINさんに釣りのお誘いをした。今年、まだまともに釣りに行っていないので現在の状況が全く分からないのに場所を案内もできないので、とりあえず前のホームであるA-1川の様子を見に行った。

日曜の朝は朝の満潮前後1時間であるため、ほとんど潮が動かないもっとも厳しいだろう時間帯となる。今日は干潮からの上げである。もちろん潮のタイミングが違うので攻める川は同じなれど場所は全く違う場所を考えているのだが魚が川に入っていなければどうしようもないのでとりあえず魚がいるかどうかの確認をしに行った。つれた魚である程度魚が入っているのか、ずっといる居つきだけなのか判断できる。つれればいいが。。

とりあえず行くと1時であった。相変わらず昼間はだれもいない。上げ潮もまだあまり効いていないが、とりあえず流れがよれている場所からスタート。1投目から魚がついてきた。昼なので目が合ってあえなく帰っていった。魚はいるらしい。

2投目でヒット。あんまり大きくないが、しばらくボードに行っていたのでうれしいシーバスであった。サイズは53cmであった。魚は細いが、腹回りはパンパンなのでベイトも多くそれについてきているシーバスなので、魚はそれなりに入っていると思われる。

1020209_img

とりあえずつれたので、明日入ろうする場所まで干潮のため下見に歩いて往復30分、降りられる場所が無くなっていた。ん~どうしよう。降りる場所がないと大回りをしないといけなし、そこしかできなくなる。明日までに考えよう。自分の釣りは歩きながら流れを見つけたり、釣れる場所を探して釣る方法を取っているので、一箇所しかできない場所は極力避けたい。ま~でもあしたは潮も潮なので粘るためそこへ行くことになるだろう。

明日いこうとしている場所は、超シャローのワンドである。干潮では干上がるが満潮ではベストな潮位となる場所だ。そして、底にはストラクチャーがいっぱいなので満潮時に魚がいることが多いの場所である。ただその日、その日で潮があたるときと当たらないときがあるので、当たらない日は釣れない。あすはどうだろう。

話はそれたが、とりあえず釣りに戻ったころに今日のベストタイドと思う潮位であった。とりあえず上げの流れも速くなり、流れが2つに分かれて岸にあたる場所へ。戻って数投目、ヒット!!さっきよりでかそうだがあまり引かない。昼なので魚への針のかかりやファイトが丸見えで楽しい。。数秒でランディング。サイズは66cm。引きのわりには大きかった。このエリアではサイズはいいほうである。

1020210_img

2時半になり友人との用事もあるので帰ることに、もう少し粘れば多分つれたと思うが楽しみは明日朝へ取っておこう。明日、つれるだろうか?

清掃活動もいろんな方が来られるようなので楽しみである。

| | コメント (2)

より以前の記事一覧

その他のカテゴリー

タックル | ルアー | | 趣味 | 遠征 | 釣想事 | 釣行 | 雑思 | 音楽