« 清掃活動 | トップページ | 調教 »

2007年3月 6日 (火)

さらに思うこと(ローカリズム)

サーフィンにはローカルという考え方がある。

そのローカリズムにはいい点と悪い点があるのだろう(連れがやっているだけなので聞いた話です)。外者や初心者がその土地土地のルールを守らねければならないし、波がローカル優先だったりするそうだ。ただ本来の基本な考えははローカルたちがその海を愛し、その海でずっと遊べるように、地域の住民との対話やビーチなどを守ることだと聞いたことがあります。その人たちをリスペクトしてほしいという結果がビジターとローカルができるということだろうと思う。またビーチの清掃活動は数多く行われている。実際釣り人がいく浜よりサーファーがいる浜のほうがきれいである。

すべてがそのローカリズムがいいというわけではないが、つり業界もいい点だけは見習うこともいいなかなぁと清掃活動後思うようになった。みんなある程度ホームというものがあるだろう。そこをそれぞれの人が、仲間で守ることができたなら今よりは良くなるだろう。

実際、釣りの場合、潮や天候により場所をいろいろかえるのでそういう考えもないのが実情だろう。俺の海、川、湖と自分は思うことは無かった。実際どのポイントもだれの物でもないのでそれはそれでいいが、ごみを捨てていくやつがいるのも事実である。

自分の単純な考えなので、賛否両論あるのは分かっている。ただ今回は清掃のお誘いがあり清掃することができたが、それが無ければ清掃していないだろう。各エリアでローカル主体で清掃活動したらその流れがいまおり大きくなるような気がする。まえから思っていたことではあるが、今回参加してさらにこの活動の流れを加速する意味ではローカルいう考えも少しはいいのかなと、より思うようになった。

昔の話だが十年以上前、琵琶湖へ毎週のようにバス釣りにいっていた。そのうちブームが来て各漁港が立ち入り禁止となった。これはごみを捨ててくやつはいるは、勝手に船に乗るやつはいるは、網を破るやつもいた。そういうことが多くありどんどん琵琶湖では釣り禁止のエリアが増えていった。そのときローカルという考えがあって、その人たちを先頭に清掃やマナーを守っていたら禁止となるエリアが少なかったかもしれない。そして漁師が釣り人を歓迎してくれていたら、リリース禁止の条例もできていなかったかもしれない。すべては釣り人が招いたことであろう。条例ができそうになってからショップなどが動いていたようだが、それでは遅い。もう少しまえから動いていたら状況は変わっていたかもしれない。

いいか悪いかわからないがこういう考え方をしないといけない時期に来ているのかもしれない。ただ自分一人ではどうにもできない。業界やそのトップに立つ人たちからはじめないと。

|

« 清掃活動 | トップページ | 調教 »

コメント

こんばんは、はじめましてサーファーのたかです。
たまたま、サーフィンブログって検索したらヒットしてきました。 ごみ問題・・・一番ややこしいのは常識のありそうな方も平気で捨てていく・・・・。
家族連れの方たちも平気で捨てていく・・・・。
夏のビーチ(海水浴場)は本当に汚いですね。
波のコンディションが良くない時は僕も釣りをよくしますが最近は進入禁止(金網の門まで出来たところもあります)、つり禁止、コマセ禁止多いです。 悲しいな~ いい魚釣れるのにな~・・・。
そして港の片隅には、たくさんのごみの波がゆらゆらと・・・・。悲しいな~。 だから僕は目に付いたごみの一つか二つだけだけど持ち帰ります。 では。

投稿: たか | 2007年3月 6日 (火) 00時56分

たかさん、こんにちは。サーフィン関係でヒットしましたか?予想外ですがコメントうれしく思います。

浜ではサーファーの方とアングラーが重なる場所が結構あると思います。真剣にサーフィンやられている方でビーチを守っている姿を目撃し目撃したこともあり、感動しました。

ほんとに普通の人がごみを置いてったりします。またこんな世の中なの自分が一人でいるときに注意などできないのが現状です。なので団体で守っていかなければならないのかなの思うようになりました。

ごみやマナーの問題で立ち入り禁止されている場所も多くなってきています。自分達で自分達の首を絞めないようにしていきたいものです。

投稿: lifeisgood | 2007年3月 6日 (火) 09時52分

当時はありがとうございました!

僕も学生の頃サーフィンをしていました。
特に渥美ではビジターのサーファーがメロンを盗む騒動で大変だった時代でした。

ところが、地元のサーファーがそういった悪事を働くサーファーを注意するようになり、今では渥美もビジターもローカルも楽しく波に乗っているそうです。

ローカル意識とは他人を拒絶するのではなくて、率先して、フィールドを守る立場であればと思いました。

確かに限られたフィールド。
どうにか、皆で嫌な思いをせずに過ごせれたらと思います。

よい文章をありがとうございます!

投稿: おおたに | 2007年3月 7日 (水) 00時44分

こちらこそありがとうございました。

学生の時、サーフィンされていたんですか?
それならサーフの潮の流れ把握できるので、羨ましい限りです。また読み方教えてくださいね。

文章に負けない行動ができるようにがんばります。

投稿: lifeisgood | 2007年3月 8日 (木) 01時18分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清掃活動 | トップページ | 調教 »