« RINさんと | トップページ | さらに思うこと(ローカリズム) »

2007年3月 5日 (月)

清掃活動

3月4日(日)、RINさんに誘われた清掃活動である。主催はKINGDAM OF LATEOLABRAX LATUS の伊藤さんである。いってみると総勢70名近くいたのではないだろうか。全員が知り合いということではなくそれぞれ何らかのつてで揃ったのだろう。話によるといろんなアングラー(ソルト、ナチュラル等)いるということであった。そのなかで東から大漁企画の方々も見えていた。

ゴミ袋、軍手、ごみバサミが支給されごみ拾いスタート。このエリアにもなんどか釣りに来た事があるので大体のごみの多さは分かっていあたが、ゴロタの間に思った以上のごみがあった。個人的には自分の仕事関係のごみも多くあり、もう少し考えた事業活動をしなければと考えさせられた。

清掃活動の結果としては約2時間で250袋集まったとのことであった。

この活動を通して思うことは、まず釣り人はごみを捨ててはならないない。これはあたり前のことだが、駐車スペースにルアーのパッケージが良く落ちているし、磯に行けば餌釣りのごみが結構落ちている。まず全員これをなくしていかなければ釣り人全体がごみを出す人自然を汚して遊ぶ人としてみられてしまうだろう。実際どうしても根がかり等で水の中に残し物をして汚しているのは間違いなので、これからは最低その汚した分以上のごみを持ち帰るように心がけたい。

全体的なことを言えば、ほとんどのごみが川から流れてきているものであろう。車から道、畑、田んぼへ、そこから水路を通って川へ、そして海へという構図は間違いない。今回拾ったことでやる前よりきれいになったが、潮が何回か刺し、大雨が降ればすぐに元に戻ってしまうだろう。今回の活動も啓蒙活動および自己啓発ではあるが、なにか全体的に啓蒙できるものはないだろうか?啓蒙したところで自然のなかで遊ばないひとでマナーの無い人はごみを捨てるだろうが。。。ほんとに難しい問題である。帰り道にもごみを捨てる運転手を多く見かけた。どうしよもない。

ただ今回の活動が活動を呼んで広がっていくことができるのならば、少しずつごみ問題が解決していくことができると信じたい。この活動がずっと続いていくことで啓蒙されると思うのでぜひ、続けて欲しいと思う。そして次も参加させていただきたいと思う。

|

« RINさんと | トップページ | さらに思うこと(ローカリズム) »

コメント

汗ばむような陽気の中、本当にお疲れ様でした。

仰るようにこういったことは続けないと意味が無いですね。
一人一人の力は僅かでも、昨日のように結集すれば短時間にあんな大量なゴミが収集できます。
又集まって良い汗流しましょう!

投稿: rinyosi | 2007年3月 5日 (月) 19時26分

お誘いありがとうございました。

なかなか、こういう機会も無いので本当に参加できたことを感謝します。

地球全体、日本全体からすると小さいことですが、小さいことをしないと大きいことはできないのでこれが大きな流れとなりうねりとなるといいと感じています。

また、誘ってください。

投稿: lifeisgood | 2007年3月 5日 (月) 23時28分

おじゃまします。

当日はお疲れ様でした。
お会い出来てとても嬉しかったです。

私も一個人としては小さい存在ですが、
釣行の際は目に付いたゴミ。
特にアングラーが出したと思われるゴミ
(ルアーのパッケージやライン、仕掛け片等)
は最低限拾って帰ろうと思いました。

投稿: sago- | 2007年3月 6日 (火) 00時48分

こんにちは。訪問ありがとう御座います。
そして先日はお疲れ様でした。こちらこそお会いできて良かったです。

ごみ問題大変難しい問題だと痛感しました。少しでも今よりきれいになるようにしていきたいものですね。

がんばって更新していきますので、また来て下さい。

投稿: lifeisgood | 2007年3月 6日 (火) 09時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« RINさんと | トップページ | さらに思うこと(ローカリズム) »