« 使用ルアー③ | トップページ | 使用ルアー⑤ »

2007年2月23日 (金)

使用ルアー④

ティムコ ヴィクセン90F。

Photo_1

聞いたことも無い方もいるかも知れない。トラウト用ルアーだからだ。自分はトラウトのルアーが好きである。スミスのパニッッシュ、ジャクソンのアスリート(淡水用)などなど。トラウトルアーは流れがあるなかで開発しているので、間違いなく流れに強い。また動きが大きくないウォブンロールのルアーが多いからだ。一番ベイトに近い泳ぎを目標にしているのがトラウトルアーなのではないかと思う。

名港で1本で勝負しろと言われたらこれを持っていく。あまり距離はでないが湾岸や湾岸河川ではシーバスは5m以内にいっぱいいるので距離は関係ない。動くか動かないか(シーバスの定番)のスピードで引くにはトラウトルアーはこのヴィクセンは最高である。シーバスルアーより細身なのでいいと思う。

またリップを折ったヴィクセンは表層バチ抜けの時に良く使う。ペンシルなどでは浮き姿勢が立っているが、ミノーであれば平行浮きなので流れに漂わせると表層バチのときには良く釣れる。ただ全くラインに抵抗がないので(ルアーも軽いため)よくバックラッシュするのでPEのかたは特に注意が必要です。

トラウトルアー使ったことの無い人はぜひお試しあれ。またシーバス用より比較的価格が安いのも魅力です。

|

« 使用ルアー③ | トップページ | 使用ルアー⑤ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 使用ルアー③ | トップページ | 使用ルアー⑤ »