« 波予報 | トップページ | 磯② »

2006年11月22日 (水)

波高について

波の高さについて。

波の高さは何をもって2mとか2.5mとかいうのだろう。気象庁の予報の波高なのか?気象庁予報では3mまでは0.5m刻みで3m以上は1m刻みで予報が出る。

太平洋の外洋エリアでは最低が1.5m日本海は0.5mである。実際日本海で2m予報であればバリバリサラシはでるが、太平洋外洋では2mは普通である。いわば凪である。1.5はほとんど見られないべた凪である。

携帯のサイトなどで10cm刻みで波の予報がでるのを見ると、太平洋外洋で気象庁予報が3mで1.8mくらいの時が多い。日本海で3mの予報がでると2.5mを超えることも多々ある。実際、同じ3m予報のときは日本海のほうが波が高い。

このように、波が何mいうのは何を基準にしているのだろうか?自分は波浪予報の図の色でいうのが一番いいような気がする。

気象庁予報は上記のように太平洋、日本海と違うが色の図であればその違いは関係なく記載されている。この色で4mラインが岸まであるとさすがに危ない。

ということで、みなさんはどのように波高の会話を仲間のみなさんとしているのであろうか?統一基準を作ってもらいたいものである。

|

« 波予報 | トップページ | 磯② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 波予報 | トップページ | 磯② »