« リールケース | トップページ | もうすぐ »

2006年9月30日 (土)

いつもより下へ

久々の釣行。10時から12時くらいの釣行予定なため、B-2ではない場所へ。

本流に魚が移動し始めているので、B-2より6km下流のB-9へ。エリアBの本流の基本的な狙い方は、流れのよれしかない。エリアBは基本的にどこでもバイブを底をずる引きしてもロストしないくらい底に何もない。またブレイクも結構平坦である。ということで魚が回遊する場所とその場所のジアイを押さえないと大きいのは釣れない。60以下の魚は秋ということもありエリア全体にいっぱいいる。

今回は友人に先に80を釣られたこともあり、でかいの一本で勝負する予定で場所を選択した。潮位150くらいでいつもジアイがくるので選んだ。

川がまっすぐのため、結構流れがよれない。1回目のよれ、あたりなし。すこし潮位が当たるときより高い。2回目のよれ、これも当たりなし。

3回目のよれが出たとき。ヒット!!50mくらい沖でえら洗い。結構ででかそうだ。2回目のえら洗いで口のフックが外れて頬?のみのフッキングという感じの引きに変わった。おかげでドラグ出されまくりで、1分くらいよってこない。のこり10mくらいでえら洗い。ばれた!!サイズは70から75くらいか?

逃した魚はいくらでかくても0なので何センチでも一緒である。あまりにあたりが無く、気が緩んだときに当たったため、合わせが遅かった。でかいの特有の吐きがはやくたぶんぎりぎり口に掛かったのがえら洗いで違うところに刺さったことが敗因だろう。

その後、当たり無く。粘ろうかとも思ったが、あまり無理して遠征に響くと馬鹿らしいのでとりあえずおとなしく帰ることに。

ベイトもおおく、やはりすこし下流に移動した感がある。エリア選択は間違いではなかったと思うがいかんせんでかいやつのバラシがおおいのがいけない。小さいのは馬鹿(すれてない。疑ってない)ので簡単にあわせられるが、でかいやつは今まで生き延びただけあって食いが違う。毎年半分はばらしているような気がする。

|

« リールケース | トップページ | もうすぐ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« リールケース | トップページ | もうすぐ »