« ラインについて② | トップページ | 80出た!! »

2006年9月22日 (金)

祝!!閉幕

久々の釣行である。大潮で10時すこし前より釣行。潮が低いのでB-2へ。

B-2が開幕したとき、9月の中旬で閉幕するとかいてあるが、結果からいうと閉幕であった。閉幕したからといって釣れない訳でもないし、開幕前も釣れていた。なにが違うかというとベイトが流されてこず、ボイルが全くないということである。

着いて見ると、ベイトがいない感じがした。先回の大潮のときもベイトはかなり下がってからでないと表層に現れなかった。先回は満月の大潮なのでただベイトが沈んでいただけである。今回は新月の大潮ということで、ベイトがいれば2時間前くらいからボイルの嵐なのだが、そんな状態には程遠い状況だった。

とりあえず、オスプレイやサスケ、TDなどミノーで攻めるもあたりなし。30分後ブレイクより手前ピックアップの50cmくらいで2回食ってきたが乗せれない。通常ブレイクまでしか反応が無いためブレイクを過ぎると浅いこともありロッドを立てて回収するのみである。そのミノーに食ってきたので乗せれるはずも無くばらし。ゴッゴって感じの食いなので50以下だろう。

そのチビのジアイ?も過ぎ、1時間当たりなし。しかたなく、バイブで攻めるも当たりなし。

バイブとミノーでは違う魚がここでは食う印象がある。バイブの魚はミノーでは取れないし、逆もいえる。ただ、レンジ55の一番小さいのはどっちの魚もそれなりに食う。ただ小さいルアーなのでフックが小さすぎる。魚に刺さりきらないことがあるのとでかい魚だと吐き出されてフッキングしないことがあるのが玉に瑕だが仕方なし。今までならミノーで攻めれば食っていたがどっちか分からなかったので、しかたなくレンジ55で攻めることに。

数投目、ドンっと乗った。浅いのでロッドを立ててリトリーブしていてそこから、上に合わせたため魚が上に向かい一発ジャンプ即ばらし。バットまで重みが伝わらなかったのと魚が見えたので推測50から60だろう。気を取り直し投げるも潮どまりまで当たりなし。

残り5分で待望のヒット。久々にドラグがなる。でも70でも出ないのでそれよりでかいかと思いながらやり取りするも、すぶ引きが少しおかしいと思った。引きからして食ったときに口とボディーに掛かっていて、口のがはずれ、ボディーに掛かっていて口を閉じて泳いでいる感じがする。そうなるとばれやすいの慎重に対応、1分くらいでランディング。掛かっているとこを見るとやはり頬だった。サイズは66cm、2.2kg。結構ゴッツイ。筋肉質で腹は出ていない、ここBエリアの魚だ。

口を閉じるとシーバスは弱らない。よく引く。ここ数年引きでどこに掛かっているか分かるようになってきた。いい傾向である。刺さる位置によってばれ易いことがあるので対処がしやすいのでいいことだと思う。刺さりによって場所が特定しにくい型はシイラをやるとよく違いが分かります。シイラは刺さりが1匹の魚で何回か変わるのでよく引きの違い分かります(バーブレスで口が小さいので)。

1010103_img_1

1010104_img

目の斜め上に赤い点があるがそこに刺さっていた。

今年のB-2は過去最低だった。通常より開幕遅く魚も少なかった。例年、1ヶ月で60Upの魚で、仲間で悪くても50匹以上釣れるが今年は70UP5本、それ以外でも20本くらいしか出なかった。これは序盤天気が悪く水がいい状態が続きベイトやシーバスがB-2に集まる必要性が無かったためだろう。

B-2は河川また支流にあたり、水がいい。海が酸欠になるといい水を求めてあらゆる魚が水のいいところに集まる。その集まるエリアがB-2(B-6,4,1)なので昨年のように6月から30度を越し、雨があまり降らないほうがここはよく釣れる。

その場所のシーズンは始まりが遅くても終わりはなぜかどこの場所でも一緒の時期になるので例年通り終わってしまった。しかし、B-2が別に釣れないわけではない。ただ攻め方がかわり、1日出ても3本までとなるだけである。

昨年はこのB-2が終わったあとエリアBの本流(支流から魚が本流へ行くため)で1ヶ月で80Upが数本でているので、実際エリアBのでかいのは今からである。

この大潮はとりあえずB-2でせめて、それ以降は本流を攻めたいが、遠征も今年はあるため実際結果が出せないかも知れない。エリアBで釣れてようが、10月半ばからは磯に行くつもりなのである。

|

« ラインについて② | トップページ | 80出た!! »

コメント

夕刊に三河湾の酸欠が深刻であるって出てましたが、スズキにはどう影響するのでしょうか?
lifeisgoodさんのアドバイスのお陰で、ホームの新規開発も少し形になりつつあります、本当に有難うございました。
僕もホームに本腰入れるのは10月初旬位までにして、その後は伊良湖・伊豆通いを予定してます。大きいの獲りたいナァ・・

話し替わりますが、昨日フィッシャーマンのグリップ届きました。今夜早速実戦で試そうと思います。使った印象は又書かせてもらいます。

投稿: rinyosi | 2006年9月22日 (金) 08時06分

魚は酸欠の海を嫌います。結局呼吸ができないからでしょう。人間と違い動物たちは野生で生きているので、自然の異変に対して敏感です。特に夏は水のいいエリアに集まりやすいので魚がいるとこにはいるが、いないとこは全くいないという現象があります。秋、春はどこにでもそれなりにいるので夏は難しいといわれるのだと思います。
新規の開拓順調そうで何よりです。

磯が待ってますね。ほんとに楽しみです。磯では魚の大きさではなく、なんでもつれれば最高になるので好きです(磯では小さいのはいませんが)。
もし、同じ日に磯に行くとがありましたら、よければご一緒しましょう。

投稿: lifeisgood | 2006年9月22日 (金) 10時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ラインについて② | トップページ | 80出た!! »