« 尾行 | トップページ | »

2006年8月16日 (水)

ラインについて①

巷は大型連休の真っ只中。羨ましいかぎりである。こちらはカレンダー通りの休みで釣行もままならない。

ということでラインについて記載したい。ナイロン派とPE派にわかれるだろう。自分が始めたころはナイロン派の方が多かったと思うが現在ではPE派のほうがおおいのかもしれない。扱いやすいライン(ファイヤーラインなど)がでたからだろう。

自分はナイロン派である。数回PEを使ったがどうしてもナイロンに戻ってしまう。シイラなどのオフショアはもちろんPEであるが、シーバスに関してはナイロンである。

ナイロン、PEともメリット、デメリットがあると思う。ナイロンのメリットは、扱いやすい、伸びる、といったところか。PEは感度、ラインが細くなり飛距離といったところか。

自分はやはり伸びること、扱いやすさを大事に感じている。ナイロンのデメリットである感度に関しては、ナイロンでも魚かエイかストラクチャーかの判断は当たった瞬間につく。ナイロンでも流れも読める。飛距離に関しては、食い気のあるシーバスは岸からすぐのところにいるので飛距離は関係ないと思っている。ということでナイロンにしている。

どっちがいいか答えはない。好みの問題である。

同じナイロンでも様々なラインが出ている。ラインの種類でだいぶ違うと思う。機会があれば(読んでくれている人がいれば)書いていきたい。

|

« 尾行 | トップページ | »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 尾行 | トップページ | »