« ルアーロスト頻発 | トップページ | なまずとエイ »

2006年7月12日 (水)

名港の魚についての考察

名港、基本的には知多堤から富浜緑地周辺までを言うのだと思う。現在、自分や仲間はメインエリアから外している。

それは過去数年間で仲間とあわせて1000匹以上の魚を取った思うがサイズが伸びない点につきる。70UPはわずか2匹であった。他は65cm以下であった。70UPの比率は1%にも満たない。特に1日10本くらい取ろうとすると絶対に70UPには会えない。そういったことが他の地域より顕著である気がする。他のエリアは小さいのと大きいのがまだ名港よりは混ざる。大きい魚は行動が違うで仕方が無いのだが。。

実際、名港を主戦場とする諸先輩も雑誌でも同じことを言っていた。

名港で簡単に狙って70UP取れるという人もいるとは思います。どういう釣り方をするかもだいたい分かる気がします。自分たちの釣り方は潮位、流れ、魚に合わせて2キロ3キロ釣り歩いてしまうので一番大きな群れ(40から60CM)に行動をあわせていることので大きい魚が釣れない。でかいのは違う行動をしている。でも名港でそれを狙うより他で大きいのを狙ったほうが率がいいので、現在は違うエリアで模索中だ。

参考までに自分の経験上、トリトンでいうと赤、白、青のうち、赤に流れている3つの川が一番平均が大きい気がします。青に流れる有名河川がサイズはともかく一番魚のストックが多い気がする。細かいことも書けなくはないが、他の人のポイントを邪魔をする可能性もあるのでこの辺にしておきたい。

|

« ルアーロスト頻発 | トップページ | なまずとエイ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/115080/2615972

この記事へのトラックバック一覧です: 名港の魚についての考察:

« ルアーロスト頻発 | トップページ | なまずとエイ »